• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム

矯正治療コラム

しっかり噛めてる?噛めない歯並び

開咬とは、不正咬合(ふせいこうごう)の一種であり、噛み合わせが正しくないことを指していいます。 開咬は、上下の前歯が前の方に開くように飛び出ているのが特徴的です。 正面から見ると、歯がきれいに噛み合わず、上下の歯列の間に大きく隙間が開いているケースもあります。 人によっては、奥歯を噛み締めても上下の前歯に隙間ができるので、その隙間から舌が見えたり、小さな食べ物などなら入れてしまえるほ...

続きを見る

矯正をご家族で検討中の皆様へ

「家族割」始めました! 歯列のガタガタ、出っ歯・受け口は基本的に遺伝します。 これは骨格の大きさ・歯の大きさといった要因が遺伝するからです。   そのため、上のお子さんの矯正治療が必要な場合、 下のお子さんも矯正治療が必要、という場合が必然的に多くなります。   しかし矯正治療は保険がきかず高額となってしまうため、 何人も治療費が...

続きを見る

定期健診をしっかり受けましょう

皆さん定期的に歯科検診は行っていますか? むし歯や歯周病の早期発見や早期治療には 定期的な歯科検診を薦めています!   検診では ①むし歯・お口の中全体のチェック →自分では気づかないようなむし歯や 治療済みの歯や噛み合わせなどをチェック ②歯周ポケットの深さを測る →歯と歯茎の境目、歯周ポケットと言われる 隙間の深さを測ります 歯周ポケットが深いと歯垢...

続きを見る

矯正治療で出っ歯を治しませんか!

でっ歯は日本人特有の不正咬合の1つです。 上顎のアーチが横に広い欧米人と比べ、日本人はアーチが縦長で狭くなりやすいことが、その一因です。 受け口と並んで、見た目の悪い歯並びであり、欧米人から見ると、ちょっと恥ずかしい歯並びでもあります。 出っ歯の原因 大きな要因は、上顎の幅が狭いことです。これには、もともと上顎が小さい場合もあれば、子供の頃に、上顎の成長が十分に促されなかった場合も...

続きを見る

歯列矯正で滑舌が良くなる!

見た目を治すために歯並びを矯正した方が、意外なメリットとして実感するのは、滑舌が良くなることです。 たとえば、受け口ではサ行、タ行が発音しづらいといった、明らかな話にくさがあるものですが、 どこか歯並びが悪いと、特定の言葉の連なりが、時折言いにくく感じたりするものです。 矯正によって、舌が上手く動きやすくなり、滑舌が良くなります(*^^*) また、お口と舌のトレーニング(M...

続きを見る

矯正はアンチエイジングにもなります!

きれいな歯並びは、同時に美しい口元を演出します。 口元がすっきりすることで、顔が小さく見え、横顔も整います。 特に50歳を過ぎた頃から、歯並びがきれいであると年齢より若々しく見え、上品に見えると言われています。 出っ歯、ガミーフェイス(歯茎の目立ち)、受け口、しゃくれあご・・・ 歯並びだけでなく、これら口元全般の悩みも矯正治療は解決してくれます(^^♪ 整形するしかな...

続きを見る

お口の中、乾燥していませんか?

口腔乾燥<ドライマウス>とは、加齢や薬の副作用、ストレスなどで唾液の分泌が少なくなり、お口の中が乾きやすい症状のことをいいます。 唾液が少なくなることで、お口の粘膜の病気や虫歯のリスクが高くなり、口臭も強くなります。 また口の中が乾燥すると、食事が取りにくくなったり、口の中がネバネバしたり、なかには舌が乾いてヒリヒリする場合もあります。   対処法とし...

続きを見る

歯にいい食べ物

今日は歯に良い食べ物のご紹介をしたいと思います! まずは、ビタミンCが豊富なオレンジやミカンなどの柑橘類です。 ビタミンCは、風邪予防にいいのですが、実は歯にもとてもいいんです。ビタミンCが足りていない場合、歯茎の出血が起こる場合があります。つまり、歯茎を健康的な状態でキープするためには、ビタミンCを適度に摂取することが大切になります。   ビタミンCを摂取すると...

続きを見る

親知らずは元の歯を圧迫します

親知らずは、永久歯が生え揃う12歳から13歳の頃に一緒に生えてくるものではありません。 その時にはキレイな歯並びをしていても、親知らずが後から生えてくることによって元のキレイな歯並びをずらしてしまうことがあると言われています。 親知らずが生えるのは、17歳から25歳くらいの間が多く、その頃から歯並びが乱れ始めた場合には親知らずが歯並びに影響を与えているかもしれません。 親知らずは大き...

続きを見る

子どもによって、個人差がある歯の成長

歯の成長は、子どもによってかなり個人差があります。 身体の成長が標準より大きいからといって歯の生え変わりが早くなるわけではありませんし、身体の成長が標準より小さめでも生え変わりが早く始まることもあります。 乳歯の場合、歯の数が多い・少ないことや、癒合歯がみられる(隣り合う歯がくっついている)ことも少なくありません。また、乳歯が抜けた後に生えてくる大人の歯が、数が少なかったり多かった...

続きを見る

ページの先頭へ戻る