• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム

矯正治療コラム

抜けた歯をどうするの?

みなさんは子供の歯が抜けたときどうしていましたか?(*^^*) 下の歯は、しっかり上に向かって生えるように屋根の上に投げたり、 上の歯は、しっかり下に向かって生えるように地面に埋めたりしませんでしたか? 国ごとに様々な言い伝えがあります。 米国、カナダ、イギリスなどでは夜眠る時、枕の下に抜けた歯を入れておくと”歯の妖精”がやってきて抜けた歯を持っていき、コインと交換してくれ...

続きを見る

口が開きっぱなしになっていませんか?

口が開いたままというのは、「口輪筋」の働きが弱いということであり、 歯科領域からみても以下のような問題が起こりやすくなります。(*_*) 1.歯並びが悪くなる 本来、歯は舌と唇(または頬)の間に位置しておりますが、舌と唇の力が均衡していることにより、歯がちょうど良い位置におさまっているわけです。唇からの力が弱くなると、歯は外側に移動しやすく、いわゆる「出っ歯」になりやすくなります。 ...

続きを見る

歯列矯正はアンチエイジングとしても人気があります

きれいな歯並びは、同時美しい口元を演出します(*^^*) 口元がすっきりすることで、顔が小さく見え、横顔も整います。 歯並びがきれいであると年齢より若々しく見え、上品に見えると言われています。 出っ歯、歯茎の目立ち、受け口、しゃくれあごなど・・・ 歯並びだけっでなく、これら口元全般の悩みも矯正治療は解決してくれます! 整形するしかないの?と諦める前に、一度ご相談くださ...

続きを見る

矯正装置やリテーナーの洗浄方法はどうすればよい?

矯正の装置やリテーナーをきれいに洗浄する方法が分からず、戸惑っていませんか。 自己流でお手入れをしている、もしくは何も手入れをしない状態が続けば、菌などが繁殖し虫歯になりやすいです。 矯正をしてきれいに歯を並べたとしても虫歯だらけの歯では悲しいですよね。 虫歯が進行してしまえば歯を失うことも考えられます。 今回は矯正装置やリテーナーの洗浄の仕方を紹介します。 装置のお手入れを...

続きを見る

クレジットカード、分割払いも対応しています

こんにちは! 今日は寒いと思ったら雪が降っていますね。 皆様お足元の悪い中ご来院くださりありがとうございます(*^^*) たまに患者様からご質問いただくないようにお支払いに関するものがございます。 当院ではクレジットカードに対応しています。 また、分割払いでのお支払いも可能ですので金額や回数につきましてはお気軽にお問合せください。...

続きを見る

こどもの指しゃぶりと歯並び

指しゃぶりをやめさせる時期 指しゃぶりはいつまでにやめさせるのがベストなのでしょうか。 一般的に、2歳ごろまでなら、何ら問題はないと考えられています。 この頃までなら、口の中に与える悪影響よりも、精神を落ち好かせるという良い影響の方が大きいと言えます。 しかし、3~4歳になると話は変わります。 この頃には、乳歯もかなり生え揃ってきていますし、指をしゃぶることで様々な悪影響...

続きを見る

歯並び、キープできていますか?

歯列矯正や歯並びの御相談のほかに意外と多いのが、 以前別の歯科医院で歯列矯正をしていたけどリテーナー(固定装置)をさぼっていたら歯並びが元に戻ってしまった。 気まずくて以前のところには通えないので、治してもらえないでしょうか?・・・ といったご相談です。 ちょっと行きにくくなってしまった気持ち、よくわかります(´・ω・`) 怒られちゃうんじゃないかと心配になりますよね...

続きを見る

開咬・オープンバイト

わたしの歯並びはどうなんだろう・・?と疑問を持たれる方は多いと思います。 そこでこのブログではいろいろな歯並びを紹介します。 今日はタイトルの通り、オープンバイトというかみ合わせについてです。 歯をしっかり咬み合わせたとき、前歯か奥歯のどちらかが開いていれば、それは「開咬(かいこう)」または「オープンバイト」という状態です。 開咬は、奥歯が咬み合わさって前歯が開いているケースのほう...

続きを見る

無料相談やってます!

一般的に「歯並びが悪い」ことを、歯科用語で「不正咬合」といいます。 不正咬合は、いわゆる「出っ歯(上顎前突)」や、上下の歯の間が開いている「開咬(かいこう)」など、いくつかのタイプに分けられます。 治療方法も、その種類と、患者様のご希望によりさまざまです。 いずれも、そのままにしておくと、見た目が美しくないばかりではなく、歯に隙間・段差があるために歯ブラシが上手く行き届か...

続きを見る

口呼吸は歯並びにも影響します

人は本来、鼻で呼吸をします。   鼻で呼吸することによって異物が除去され、温度や湿度が調整された空気が肺の中に入っていきます。   しかし最近は「口呼吸」をする子供たちが増えてきています。 口呼吸だと異物や空気がダイレクトに体内に侵入してきます。   また、口呼吸の矯正をしないでいると顔貌や歯並びにも影響を及ぼします。 ...

続きを見る

ページの先頭へ戻る