• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 開口は矯正治療で治る

開口は矯正治療で治る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月22日

こんにちは(^^♪今日は開口についてのお話です。

開口(オープンバイト)とは奥歯では噛み合っているのに前歯は重なっておらず常に前歯が開いた状態のかみ合わせのことを言います。

 

開口は叢生(歯が重なり合うこと)も伴っていることが非常に多く、日本人に多い歯列不正と言われているそうです。

 

開口は、遺伝や乳児期に指しゃぶりや舌を出す癖が原因で発症します。

 

ですので、自分のお子様で指しゃぶりや舌を出す癖がある方がいるのなら、開口になってしまう恐れがあるのでなるべく早く辞めさせましょう。

 

開口のデメリット

・前歯で噛みきれないことで奥歯だけに負担がかかるため奥歯が虫歯や歯周病にかかりやすくなる

・うまく咀嚼ができずに丸飲みをしてしまうため胃腸障害になってしまう

・発音障害が生じてしまう

・常に口が開いたままになることで口が乾きやすくなってしまう

 

開口は歯並びを整え、かみ合わせのバランスを整え、見た目を整える必要があります。

 

開口の治療に必要な期間は個人で異なります。

 

まずはお気軽に無料の相談へお越しください(^^♪

ページの先頭へ戻る