• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 寒いと歯が痛くなる

寒いと歯が痛くなる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月30日

こんにちは!

今日は一段と寒さが増してますね((+_+))

皆さんは、寒くなると歯が痛くなる…そんな風に感じたことはありませんか?

さむくなると肩凝りや、歯の痛みがでる原因のひとつに「歯の食いしばり」があります。
寒いと猫背になって肩が上がり、体全体がぎゅっと固くなりませんか?
実はその時に無意識に思い切り歯を食いしばっていて、冬の夜の寒さを耐えるために、寝ている間に無意識に歯を長時間、かなりの力で食いしばることがあります。
そうするとその翌日に歯が痛くなり、虫歯のような症状が出てくるのです。

歯の食いしばりによる影響は、
●歯の削れや欠損、亀裂、破折
●歯のグラグラ
●歯周組織にまで負担がかかり、歯周病(歯肉炎、歯槽膿漏)
●歯の亀裂から知覚過敏へ
●顎関節症
●肩こり など…

様々な障害を引き起こします。
スポーツ選手などがマウスピースをはめているのは力が入るときに歯を食いしばり、それが歯に大きな負担をかけるため、マウスピースで歯を守っているからです。

食いしばり以外に虫歯が外の冷気でしみる場合もあるので、
気温が一気に下がり始めるこれからの時期に歯が痛くなったら、まずは一度検診にお越しください(^^)/

ページの先頭へ戻る