• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 歯並びや噛み合わせが悪いと起こる怖いこと

歯並びや噛み合わせが悪いと起こる怖いこと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月1日

歯並びや噛み合わせが悪いと…

①口を開けて笑うことに自信が持てない

小さい頃は良くても、大人になるにつれてどうしても口元に目を向けてしまいがち。

大きなお口で笑ってみませんか?

②虫歯・歯周炎・歯周病になりやすい

歯並びが悪ければ、当然歯みがきもとっても難しい!

歯と歯の間や、歯が重なっているところを一生懸命磨かないと歯や歯茎の病気になりやすくなってしまいます。

③ことばがはっきりしゃべれない

噛み合わせによっては「サ行」「タ行」が発音しにくく、人と話すのがちょっと嫌になってしまうかも?

④肩こり・頭痛になりやすい

かみ合わせが悪ければ、噛む力が一か所に集中して変に力が入ってしまう。

そうすると、体の調子も悪くなります

⑤顎関節が痛くなりやすい

かみ合わせが悪いと顎に余分な負担がかかり、顎が痛くなりやすいです。

⑥消化が悪くなりやすい

しっかり噛めないと食べ物を十分にかみ砕くことができません。

そうならうと胃や腸に負担がかかりやすく、消化不良になってしまいます。

ページの先頭へ戻る