• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 歯を見せて笑っていますか?

歯を見せて笑っていますか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月30日

笑顔が素敵な人ってとても魅力的ですよね(*^^*)

唇を閉じたままの微笑みより、歯を見せたビッグスマイルは、時に人をドキッとさせることでしょう。

笑顔のときはこの「歯を見せること」が大事なの、ご存知でしたか?

歯を見せる効果

口を閉じて口角を上げた状態でも「なんとなく笑っている」「ほほえんでいる」という印象を与えることはできます。

でも、歯を見せてニッコリと笑った笑顔は元気で健康的なイメージとなり、その特別な笑顔は、他人からも好印象を抱いてもらえるはずです。

「笑顔」の練習

チェックしてみたら歯があまり見えてなかった…そんな場合でも練習をすれば、歯が見える笑顔ができるようになります!

鏡を見ながら上の歯8本が見えるまで「い」を発音する形で口を開いていきます。

今度はそのまま口角を上げましょう。そのままの状態で10秒キープ。これを朝晩10セットずつ行ってみましょう。

だんだんと歯が見える理想的な笑顔が作りやすくなってくるはずです。

笑顔から見える「歯」の印象も大切!

歯を見せた好感度のある笑顔を作れるようになってきたら、今度は「歯」の色や形が気になりませんか?

せっかく素敵な笑顔をつくれたとしても、笑顔からのぞく歯が黄ばんでいたら、歯並びががちゃがちゃだったら、残念な印象になってしまいます。

歯が白いと、笑顔に清潔感や爽やかさがプラスされ、あなたの見た目年齢も若々しく見せてくれます。

歯の色を白くするためには、毎日の歯磨きと、歯科でのメインテンスが大切です。

定期的にクリーニングをするだけでも歯のナチュラルな白さは保てますが、ホワイトニングを行うと、元の歯の色よりも白い歯にすることもできます。

歯のホワイトニングケアと笑顔の練習の積み重ねで、相手をドキッとさせるステキな「笑顔」を手に入れましょう(*^^*)

ページの先頭へ戻る