• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 歯並びが引き起こす意外な病気?

歯並びが引き起こす意外な病気?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月24日

噛み合わせの悪さは様々な病気を引き起こします。
実はこんなことも歯並びが原因かもしれません…

不眠症

脳に送られるかみ合わせの信号が偏ってしまうと、脳が活動的な状態になり不眠を引き起こします。。

仮性近視

かみ合わせが悪いと眼球を包む骨に刺激が集中し、それが眼球を圧迫して仮性近視となります。放置しておくと真性の近視に発展する場合もあります。

食べ過ぎの原因による肥満

肥満

物を充分に噛まずに飲み込んでしまうため、消化吸収作用が低下。また同時に、噛むことによって脳に送られる刺激が減少し、満腹感が得られず食べ過ぎの原因になります。

高血圧

特定の歯だけが噛み合う場合は、その刺激が首の筋肉を圧縮させ動脈を圧迫します。そのため、血液の循環が悪くなり心臓に負担がかかり、高血圧を招きます。

かならずしもすべての症例が歯並びが原因によるものとは断定できませんが、
歯並び、噛み合わせを治すことでこれらの症状を治すことができるかもしれません!(^^)!

ページの先頭へ戻る