• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 出っ歯の人はほうれい線ができやすい?

出っ歯の人はほうれい線ができやすい?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月31日

ほうれい線ができる原因の一つに、出っ歯があります。

歯が出ている方は、口全体も前に突出してしまうことが多くなり、それによって肌が引っ張られてしまいます。

しかし、逆に口を開けている時は皮膚が伸縮するので、よりシワになりやすくなります。

また、口呼吸をすることによって口全体が乾燥してきます。

そうなると口周辺の肌も乾燥しやすくなり、シワがクッキリしてしまうのです!

特に出っ歯だと口呼吸になることが多く、口全体にかかる負担も大きいです。

それでいてコンプレックスを隠すために、無理に口を閉じている方もいるでしょう。

そういう負担が重なると、ほうれい線が出てしまうことに繋がるのです。

出っ歯だと、顎全体の形も変わってくる可能性があり、それもほうれい線と関係していることがあります。

歯の位置が全体的に前に出てくるようになると、顎も前に出てくることがあります。

そうなると、今まで正常だった皮膚が過度に引っ張られるようになるのです。

しかし、伸縮した時には元通りということもあり、それもほうれい線の原因になります。

 

歯並び矯正でほうれい線の改善が期待できます

実際に歯列矯正をすることによって、ほうれい線が目立たなくなることもあります。

歯が前に出ていると、皮膚が伸縮してしまってシワになるので、矯正して肌の可動領域を小さくすることこそ、シワへの対策になるのです。

法令線が気になる方はぜひ歯並びにも注目してみてくださいね(*^^*)

ページの先頭へ戻る