• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 姿勢が歯並びに影響する事をご存知ですか?

姿勢が歯並びに影響する事をご存知ですか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月26日

みなさん知らず知らずのうちに歯並びが悪くなる姿勢を作っていませんか?

頬杖をついていませんか?

左右の頬杖は上下の咬みあわせを深くさせます。また左右の顎関節を後上方に押し込み、歯列を狭くします。

体操座りで、ひざに顎をのせていませんか?

体操座りで膝の上に顎をのせる姿勢は、咬みあわせを深くします。

口周りの癖はありませんか?

舌を出す癖や挟む癖、くちびるを咬む癖、巻き込む癖などは咬みあわせを悪くします。また舌の位置も歯列の安定に影響を及ぼします、舌は上あごに付けておきましょう。

他にもこんな態癖はありませんか?

高い枕やソファーのひじ掛けに頭をかけて、読書やテレビを見るのも【態癖】です。

歯並びの御相談はお気軽にご連絡ください(*^^*)

ページの先頭へ戻る