• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 矯正治療コラム > 歯並びが悪くなる癖

歯並びが悪くなる癖

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月3日

こんにちは!

お子さんの指しゃぶりや口呼吸などの癖で歯並びが悪くなってしまうのかと心配な方も多いと思います。

多くのお子さんは年齢とともに癖も治ってきます。しかし、癖が長い間続いてしまうと顎の形も変わり、歯並びが悪くなってしまうのです。

それだけ、強い力が長い時間かかる癖は悪いことなのです。

また、過剰歯や小帯などのお口の中の異常も歯並びを悪くする原因になります。

 

子どもの歯並びが悪くなる癖とは・・・

1.指しゃぶりで出っ歯になる

2.口呼吸で出っ歯になる

3.下唇を噛む癖で出っ歯になる

4.舌を出す癖で開咬になる

5.物を噛む癖があると前歯がずれる

6.硬い物を噛まないと凹凸になる

7.頬杖をついているとかみ合わせが悪くなる

 

このようなことがあげられます(*_*)

悪い癖はなるべく早めにやめさせることが大切です。

また、当院ではお口のトレーニングも行っておりますのでお気軽にお問合せください♪

ページの先頭へ戻る