• 小岩03-5622-2350
  • 新小岩03-5678-4078

メニュー

ホーム > 治療の種類とケア一覧 > 目立たない矯正

目立たない矯正

あなたの “ピッタリ” がきっと見つかる

矯正といえば、ギラギラした大きな金属(ブラケット)が歯についている様子を思い浮かべる方が多いかもしれません。
「矯正中もキレイな口元を保ちたい」という患者さまの声に応えて、矯正装置は日々進歩し、さまざまな治療法が誕生しています。
ご自身の歯ならびやライフスタイルに合った矯正装置を見つけて、快適な矯正ライフを送りましょう。

審美ブラケット・ワイヤー矯正

白や透明の目立たない色のブラケットで、プラスチック製のものやセラミック製のものがあります。
白くコーティングされたワイヤーと併用すれば、自然で目立たない治療が可能です。
ただし、表側につけるため装置自体は見えます。

ポイント💡審美性の高い
小型のブラケットを採用
以前のブラケットは金属で大きいものが主流でしたが、江戸川区矯正歯科センターでは小さい透明なブラケットを厳選して採用しております。
〈メリット〉
  • 金属製のブラケットと同じように多くの種類の不正咬合に対応することができます。
  • 非金属製のブラケットなので、アレルギーの方でも使用できます。
〈デメリット〉
  • 金属製のブラケットや一般的なワイヤー比べ、費用はやや高額になります。
  • 金属製のブラケットと比較すると、多少強度が弱くなります。

裏側矯正

リンガル矯正や舌側(ぜっそく)矯正とも呼ばれています。歯の裏側にブラケットを装着する矯正法です。表からはそもそも見えないので、周囲の人に矯正していることが気づかれずに治療が可能です。上下の歯ともに対応することができいます。

〈メリット〉
  • 周囲の人からほとんど気づかれません。
  • 通常の表側矯正よりも虫歯になりにくい。
  • 上下の咬み合わせが調整しやすい。
  • 舌癖(舌で歯を押す癖)が改善しやすい。
〈デメリット〉
  • 通常の表側矯正よりも費用が高くなります。
  • 慣れるまでは違和感があり、発音しづらい場合があります。
ポイント💡違和感の少ない裏側矯正装置「ALIAS」
江戸川区矯正歯科センターは、従来の装置よりも弱い力でスムーズに歯を動かことができる最新の裏側矯正装置「ALIAS(アリアス)」を採用しております。屈曲のない細いワイヤーなので舌感がよくなり歯磨きもしやすいなど従来の違和感を軽減することができます。

マウスピース矯正

歯に固定させるブラケットやワイヤーは使わず、透明な薄いマウスピース型の矯正装置を用いて歯を動かします。目立たず、周囲の人に気づかれにくい点に加え、食事や歯磨きの際は自分で取り外すことができます。

〈メリット〉
  • ブラケットやワイヤーを装着しないため、不快感や発音障害が少ない。
  • マウスピースは薄く透明なので、周囲の人が気づくことはほとんどありません。
〈デメリット〉
  • 指定の装着時間を守らないと治療の結果に影響が出ることがあります。
  • 治療できる症状がほかの矯正方法よりも限られます。
ポイント💡歯が動く際の痛みが少ないマウスピース「アソアライナー」
江戸川区矯正歯科センターでは、治療のステップに合わせ、ソフトなマウスピースからハードなマウスピースに順を追って交換することで、歯が動く際の痛みを減らすことができる「アソアライナー」を採用しております。またマウスピース矯正の治療実績が最も多い米国アライン・テクノロジー社の「インビザライン」も取り扱っております。

ページの先頭へ戻る